派遣会社での経験談

派遣社員の特徴

派遣会社に登録して仕事をした場合、正社員との給料の差はあまり感じませんでした。都市部と地方の違いもあるかもしれませんが、日給での仕事を週5日や6日ペースで仕事をしていると、まとまったお金が入る為、正社員のような責任感を求めれられない、派遣社員の方が精神的に楽でした。またアルバイトとの差は、アルバイトの場合、1度その職場で働き始めると仕事を覚えるのに時間がかかったり、働いていく内に人間関係でギクシャクしたり、仕事が合わなくなる事があり、もし辞めてしまった場合、また1からアルバイト先を探す必要があるのが手間です。派遣の場合は基本単発の仕事なので、仕事内容が比較的簡単で、合っていない場合は別の仕事を斡旋してもらえる為、気楽です。ただ、単発だと継続して仕事がこない場合があるので、週2〜3日勤務の仕事を2つか3つ掛け持ちするなどの工夫が必要です。福利厚生は全く意識していませんでした。もし病気をしたり、怪我をしたりしても自己責任ぐらいの気持ちで働いていました。もちろん仕事で怪我をした場合は、何らしかの補償があるとは思いますが。派遣は仕事先が固定されないので、ある日突然、派遣先からの仕事がなくなったりする不安定さがあり、他の雇用形態とは違う点です。